制度変更について

令和4年5月13日から高齢者の免許更新の制度が変わります

令和4年5月13日から、認知機能検査と高齢者講習の内容の変更及び手数料の改定が行われます。また、有効期間満了日に満75歳以上で、一定の違反行為がある方は運転技能検査の受検が必要になります。

受講対象者について

免許証の有効期間満了日の前6か月以内で、有効期間満了日における年齢により内容が異なります。

70歳~74歳の方

更新するためには「高齢者講習」の受講が必要です。

75歳以上の方

更新するためには「認知機能検査」の受検と「高齢者講習」の受講が必要です。

※一定の違反行為がある場合は、「運転技能検査」の受検も必要となります。

高齢者講習の流れ


運転技能検査について

75歳以上で普通免許等を保有し、過去3年以内に対象となる一定の違反行為がある方は、運転免許証の更新の際に、運転技能検査の受検が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

認知機能検査について

75歳以上の方は、運転免許証の更新の際に、認知機能検査の受検が必要です。

● 検査内容

・手がかり再生、時間の見当識の2項目です。(※ 時計描画はなくなります。)

・認知機能検査の結果により、「認知症のおそれあり」又は「認知症のおそれなし」と判定されます。

※ 医師の診断書等を提出した場合は、認知機能検査が免除される場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

手数料

令和4年5月13日から以下の手数料に変わります。

予約について

当校での受講を希望する場合

☎0465-33-6002(高齢者講習専用)

運転免許センターでの受講を希望する場合

詳しくはこちらをご覧ください。

TOP